知られざる東欧の親日国セルビアの若者に夢を!全力応援団

『東欧の親日国セルビアの若者に夢を!全力応援団』
多くの若者が国内の経済的状況悪化を理由に国外に出て「祖国では夢は持てない」と嘆く中、東日本大震災の時、欧州でいち早く支援の手を差し伸べてくれたのはセルビア。地産地消が可能な食材を使って日本料理を提供するチャリティーイベントを開催し、国内でも夢を持てることを伝えたい!

そのために『全力応援団』を結成いたしました!

私一人が動いたとしてもそれはほんの小さなものに過ぎません。ただできることから 少しずつ広げていって、それが大きなムーブメントになればと願っています。

ということで、クラウドファンディングをスタートさせました。


なぜクラウドファンディングをやるのか!!!

①『今年の5月と8月のイベントを開催するための資金が必要』
この2回のイベントを成功させることによって、お好み焼きをセルビアの方々に受け入れてもらいたい、また親日国のセルビアの方々にセルビア内で楽しんでもらえる時間を提供したいと思っています。実は5月のイベントTastes of Japan -Okonomiyaki Kaori-を開催するために国際交流基金の助成金を申請しましたが不採用になりました。しかし開催はすでに決まっていることもあり、さらにすでに1400人を超える方々が興味を持ってくださっています。
国際交流基金の助成金申請 2018年12月
結果通知 2019年4月上旬
イベント開催 2019年5月3日、4日
この状況でしたので、結果通知を待っていてから動き出すのでは、イベント開催の準備が間に合わないということで、すでにイベントの開催を決め、準備を進めていました。自分の力不足が招いた結果ではありますが、5月のイベントに関しての費用は、完全自腹になっています。このままでは8月のイベント開催に関して十分な内容を提供できないかもしれないもしくは開催をも難しい状態になっています。すでに5月、8月のイベントに関して、たくさんの方々が楽しみにしてくださっていること、さらにNOVI SAD 2021-European Capital of Culture Foundationから、正式な招待を受けていることもあり、クラウドファンディングに挑戦することにしました。
②『セルビアを日本の方々に知ってもらうため』
このクラウドファンディングのページを読んでいただいてもらうことによって、少しでも多くの日本の方々にセルビアのことを知っていただきたいです。
③『たくさんの日本人がセルビア人を応援していることをセルビアの方々に伝えるため』
実は、この5月のイベントを開催するために国際交流基金の助成金の申請をしました。しかし残念ながら不採用となり、助成金を得ることができませんでした。私がこのイベントのために助成金を申請していることは多くのセルビア人は知っていました。そして今回の結果に対して、私の力不足だったのですが、彼らはセルビアでのイベントだから出ないのではないかとまたも彼らをがっかりさせてしまう結果になってしまいました。今回、セルビアでのイベント開催のクラウドファンディングをあえて日本でやろうと思ったのは、私だけでなくて、『たくさんの日本人がこのクラウドファンディングを通してセルビア人を応援している』ということをセルビアの方々に届けたいと思ったからです。そのためにはどうしても皆様の協力、助けが必要なのです。もうこれ以上、彼らを失望させたくはないんです。お願いします。私に皆様の力を貸してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です